WebflowとShopify

WebflowとShopify


WebflowとShopifyは信頼性が高く、機能が豊富なWebサイトビルダーであり、世界中の何百万人ものユーザーから既に認知されています。システムは、開発者によって定期的に更新され、最新のWebデザインのトレンドに対応します.

どちらも同等に強力ですが、各サービスにはニッチな専門分野があり、特定のユーザーカテゴリに最適です。.

簡単なスナップショット:

WebflowWebflow – DIY Webサイトビルダーであり、その豊富な機能セットと柔軟性により、最新のコンテンツ管理システムに似ています。 ワードプレスのように. ウェブサイトビルダーは主にプロのウェブデザイナーや代理店を対象としているため、ウェブサイト開発プロセスにはより慎重でスマートなアプローチが必要です. Webflow

ShopifyShopify –は現在、世界中の数百万のWebサイトを強化するトップeコマースソフトウェアです。複雑さ、サイズ、業界の焦点に関係なく、あらゆるタイプのオンラインストアの開発に最適です。このシステムには、マーケティングおよびプロモーションサービスを成功させるために必要な多くのウィジェット、サービス、アプリが付属しています。. Shopify

両方のWebサイトビルダーは、フル機能を備えており、信頼できるため、ターゲットオーディエンスに多くのものを提供します。ただし、どちらがより好ましい選択ですか?比較の勝者と見なすことができるのはどのシステムですか、または両方とも投資に値するシステムですか?これらやその他のシステム関連の質問に答えるために、ShopifyとWebflowを分析しました.

1.使いやすさ

  • Webflow. で述べたように 以前の比較, Webサイトビルダーは、最初はプロのWeb開発者と設計代理店を対象としています。これは、プラットフォームを最初から探索して習得するのが簡単ではないことをすでに意味しています。システムは迅速かつ簡単なサインアッププロセスを提供しますが、ツールと機能で過飽和に見えるかもしれない混乱するダッシュボードとコントロールパネルがまだ付属しています.

    Webflowエディター

    十分なコーディングスキルまたは少なくとも予備的なWebデザインの経験がない場合は、サービスのインターフェースと構造に慣れるために、さらに多くの時間が必要になります。 Webサイトのコントロールパネルにアクセスすると、セクション、要素、およびカテゴリが豊富であることがわかります。そのツールセットは、その多様性と多様性に感動します。さらに、Webサイトビルダーでは、高度なHTMLエディターを使用してパーソナライズされたWebサイトデザインを作成できます。.

  • Shopify. Shopifyは、ウェブサイトビルダーのハイエンド機能に関係なく、卓越した使いやすさを備えています。システムには豊富なダッシュボードが付属しており、理解しやすく使い慣れています。 Shopifyには、ドラッグアンドドロップの直感的なエディターがあり、Webサイト開発プロセスの容易さに貢献しています。シンプルなコンテンツエディターにより、ウェブサイト作成の手順が大幅に簡素化され、広範なダッシュボード設定により、ロゴ、スタイル、フォント設定、ウェブサイト要素の選択、その他のデザインカスタマイズオプションなどの幅広いツールへのアクセスが許可されます.

    Shopifyダッシュボード

    デザイン設定とは別に、Shopifyは幅広いテンプレートの選択肢を誇り、そのカスタマイズはコーディングスキルをまったく意味しません。このプラットフォームは、さまざまな統合eコマース機能も備えており、深く柔軟な設計のカスタマイズが可能です。したがって、Shopifyの機能は使いやすさを損なうことはありません。これは、システムユーザーの大多数にとって魅力的なものです.

WebflowとShopify. 使いやすさに関しては、Webflowはもう少し複雑なシステムのようです。ダッシュボード、コントロールパネル、および全体的なユーザーインターフェイスは、探索に多くの時間を必要とし、コーディングスキルの認識も意味します。 Shopifyの方が習得は簡単ですが、このサービスでは、Webストアの開始と管理に必要なデザイン編集ツールの幅広い選択肢が提供されます.

2.機能セットと柔軟性

  • Webflow. 上記のように、Webサイトビルダーは機能の点ではCMSに似ていますが、他の多くのWebサイトビルダーに比べてはるかに単純であることも知っておく必要があります。 Webflowの代替. このプラットフォームは最初、Webデザインのプロのニーズに焦点を当てています。これは、それに対応して、高度なデザインカスタマイズツール、HTML / CSSエディター、強力なブログ、統合オプションが付属していることを意味します。したがって、Webflowは、カスタムHTMLコードを、作業しているWebサイトのヘッダーとフッターに統合することを可能にします。このシステムは、ZapierおよびWebサイトのパフォーマンスを向上させるその他のサービスとも統合されます.

    Webflowコードオプション

    Webサイトビルダーのeコマースオプションも一流のレベルにあります。このシステムでは、高度な機能を備えたフル機能のWebストアを開始および管理できますが、システムはeコマースWebサイトの開発のみを目的としていないため、これらのプロジェクトは大規模にはなりません。その複雑さに関係なく、Webflowはプログラミング言語の使用や知識を意味するものではありません.

    Webflow eコマース

    私たちがそれを入れたように WebydoとWebflow 比較すると、eコマースWebサイトの開発プロセスを最大限に活用したい場合は、コーディングの熟練度が望ましいです。これは、ショッピングカートをWebストアに統合し、製品を追加、更新、管理し、製品ギャラリーとコレクションを作成し、クーポンコードと割引を発行する方法です。ところで、Webflowは最近収集を可能にしました顧客がチェックアウトプロセス中に送信するストア情報。これは、さらなるウェブサイトのプロモーションと開発に便利です。最後に、ウェブサイトビルダーは便利な支払いと配送オプションを導入して、すべての顧客が選択する絶対的な自由を保証します.

    Webflowを使用すると、この目的で選択する複数のビデオや写真を使用して、ライトボックスギャラリーを作成できます。さらに、AfterEffectsとLottieシステムを統合する機会があります。これは、システムインタラクションを使用してベクターアニメーションの再生を制御する場合に便利です。このようなアプローチにより、ニッチな競合他社が作成したウェブサイトよりも魅力的でインタラクティブでプロフェッショナルなウェブサイトになります。.

  • Shopify. として eコマースに特化したソフトウェア, Shopify機能セットは、Webストアの開発のみを中心にしています。このシステムは、マーケティング戦略、支払いおよび配送サービス、販売およびプロモーション機能などを強化することができるたくさんのツールと機能を提供します.

    このシステムには、アカウントをQuickbooksやXeroサービスだけでなく、会計ソフトウェアやその他の一般的なシステムと統合できるため、強力な同期オプションが付属しています。このプラットフォームは、ハイエンドの製品管理オプション、外部および組み込みのシステムウィジェットを統合する機会、サードパーティのトレーディングソリューションへのアクセス、ブログエンジン、高度なレポート機能、その他の独自のeコマース機能も提供します.

    Shopifyストアのセットアップ

    Shopify Appストアは、強力なウィジェットとアドオンのセットがあり、Webストアに機能を確実に追加するマーケットプレイスへのアクセスを許可します。 eコマースソフトウェアのもう1つのハイライトは、 拡張現実機能, 販売されている製品の3D視覚化を提供します。これは間違いなくWebストアの人気を高め、ユーザーが興味のある製品の実際の画像を見ることができるため、顧客基盤の構築に役立つ可能性があります。.

    Shopify販売チャネル

    このシステムは、マルチチャネルサポートオプションで知られています。これにより、Amazonマーケットプレイス、Facebook、eBay、Instagramなどの人気のあるチャネルとアカウントを効果的に同期できるため、販売量を増やし、Webストアの人気をまったく新しいレベルに引き上げることができます。 。 SSL認定、放棄されたチェックアウトの回復、Shopcodeの紹介、詐欺防止、多言語サポート、高度なWebストア管理オプション(顧客プロファイル、顧客アカウント、グループ、ドロップシッピングの可能性、電子メールテンプレート、迅速な注文処理など.).

    Shopifyのマーケティング機能により、システムは群衆から際立っています。それらの最も人気のあるものは、POS(POS)ソフトウェア、顧客プロファイル、Shopify Pingモバイルアプリ、Buy One – Get One割引、動的チェックアウト、Shopifyタップアンドチップリーダー、高度な小売機能、UPS Shopify Shipping機能、Webストア分析など.

WebflowとShopify. どちらのシステムも、機能性、柔軟性、機能セットの面で上位にランクされています。唯一の違いは、ツールと機能が多様な目標をターゲットにしていることです。 Shopifyの機能は主にWebストアの開発と管理を中心としていますが、Webflowはさまざまなタイプのプロフェッショナルプロジェクトを立ち上げるために使用されるオールインワンツールです。したがって、どちらのプラットフォームも独自のニッチでうまく機能し、特別な注意が必要です.

3.デザイン

設計比較表

WebflowShopify
テーマの数:32200
テーマのインポート:✘いいえ✔はい
ビジュアルエディター:✔はい✔はい
CSSコード編集:✔はい✔はい
レスポンシブデザイン:✔はい✔はい
  • Webflow. ウェブサイトビルダーは、質の高いテンプレートのかなり素晴らしいコレクションを誇っています。最も印象的なのは Webflowの例 プラットフォームの設計カスタマイズオプションの明確なビジョンと理解を提供します。現在、サービスのテンプレートコレクションには、200を超える専門的なテーマが含まれています。この数は、システムWebデザイナーの努力により、着実に増加しています.

    Webflowテンプレートは有料と無料の両方ですが、無料のテーマの数は有料のものよりも少ないです。ユーザーは約30の無料のデザインを選択できますが、有料テンプレートのコストは24ドルから​​始まり、テーマごとに最大79ドルに達します。ただし、専門家はプレミアムデザインと標準デザインの間に大きな違いはないことを強調しています.

    このシステムでは、ホームページ、連絡先、レビュー、サービス/製品など、メインのWebサイトページのいくつかのテンプレートバージョンを選択できます。Webflowにはプレビューオプションも用意されており、選択するテンプレートの詳細をすべて確認できます。さらに、完全に空白のキャンバスを選択して、ビジネスが注力するニッチな領域に関して100%パーソナライズされたデザインを作成する機会があります.

  • Shopify. このソフトウェアには、プロフェッショナルで魅力的なテンプレートのコレクションが付属しており、無料バージョンと有料バージョンで利用できます。無料のテーマの数は有料のテーマの数より少ないことに注意してください。現在のところ、約10の無料のテーマがありますが、その品質は十分なレベルではありません。テンプレートの品質を向上させるために、ユーザーはHTML / CSS編集スキルを適用できますが、これはコーディングの専門家だけが実行できます。有料デザインと言えば、Shopifyは60を超える高品質のテーマを提供しています。それらはすべてプロフェッショナルで、視覚的に魅力があり、カスタマイズ可能です。ユーザーの便宜のために、すべてのテンプレートは、それらが属するトピックに基づいてカテゴリーに分類されています。 Shopifyのデザインは応答性は高いですが、コストは平均を上回っています。最終的な選択をするとき、それを覚えておいてください.

WebflowとShopify. このシステムは、設計開発とテンプレートのカスタマイズの点で、競合他社に値するものです。 Shopifyテンプレートコレクションは、Webflowのものに比べてそれほど豊富で豊富ではありませんが、その品質とカスタマイズ性のため、注目に値します。ただし、Shopifyのデザインは、Webflowによって開発されたものと比較して、より高価です.

4.カスタマーサポート

  • Webflow. ウェブサイトビルダーのカスタマーサポートは、最高のレベルです。システムの専門的な焦点に関係なく、すべてのユーザーにとって重要な教育的要素が考慮されています。この目的で、サービスはWebflow大学を導入しました。これは、ユーザーが必要なすべてのシステム関連情報に出くわす可能性がある場所です。 Webflowにこだわっていて、 それから切り替える またはあなたが興味を持っている他のシステムのニュアンスがあります、Webflow大学は間違いなくアクセスする場所です.

    システムでウェブサイトの作成を開始するために使用するテキストやビデオのチュートリアル、マニュアル、その他の役立つリソースがたくさんあります。ブログとフォーラムは、Webサイトビルダーに関する情報を求めるユーザーにも役立ちます。システムエキスパートによる個別のサポートが必要な場合、Webflowは24時間年中無休でライブチャットとメールサポートを提供します.

  • Shopify. このソフトウェアには、カスタマーサポートの面でも多くの機能があります。プラットフォームに関する必要な情報を見つけるために選択できるいくつかのオプションがあります。したがって、システムの強力なナレッジベースで利用可能なガイドとチュートリアルを確認できます。定期的に更新されるフォーラムもあり、利用可能なスレッドを閲覧したり、何らかの理由で必要な情報が見つからない場合は独自のスレッドを作成したりできます。.

    個別のサポートに関しては、Shopifyは電話、メール、ライブチャットオプションを24時間年中無休で使用することを許可しています。 Webflowと同様に、Shopifyはeコマース大学へのアクセスを許可し、ソフトウェアに関する情報を提供する複数のウェビナー、eBook、ビデオ、その他のWebベースのリソースに出くわします.

WebflowとShopify. カスタマーサポートは、両方のプラットフォームが得意です。 WebflowとShopifyは、さまざまなサポートオプションを提供します。これらには、ナレッジベースのチュートリアル、個別のサポート、さらには追加の教育ソリューション(WebflowおよびShopify大学)。どのシステムを使用していても、必要なときに必要なヘルプを確実に見つけることができます.

5.価格設定ポリシー

WebflowShopify
価格オプション:✔ サイト計画:
ウェブサイト
基本$ 12 /月、CMS $ 16 /月,
ビジネス$ 36 /月
)および
eコマース標準$ 29 /月、プラス$ 74 /月、アドバンス$ 212 /月);
✔ アカウントプラン:
個人
無料0 / mo、Lite $ 16 / mo,
プロ$ 35 /月
)および
チームチーム$ 29 /月、エンタープライズ$ 74 /月).
✔ ライト9ドル);
✔ 基本的なShopify$ 29);
✔ Shopify79ドル);
✔ 高度なShopify$ 299);
特徴:✔無料プラン;
✔ CMS;
✔無制限のホスティング。
✔クライアント請求ソリューション.
✔無料のSSL証明書;
✔ 14日間の無料トライアル。
✔取引手数料なし;
✔含まれる用語の多様性.
  • Webflow. Webサイトビルダーは現在、最も用途の広い価格設定アプローチの1つを提供しています。この点で、 Wixと比較できます. ウェブサイトビルダーを比較するかどうか Adobe Muse または他のシステムでは、この機能はプラットフォームのハイライトの1つのままです。ウェブサイトビルダーには、完全に無料の無期限のプランがありますが、デザインのカスタマイズとプロジェクトの機能の点で多少制限があります。無料プランには、コードのエクスポートやバナーの削除機能はありません。さらに、システムサブドメインでのみWebサイトを構築できます.

    有料サブスクリプションに関して、Webflowには2つの大きなグループのプラン(サイトとアカウントの計画)、さらにサブスクリプションの小さなグループに細分されます(ウェブサイト、eコマース、個人、チームのプランは、それに応じてサブスクリプションのより詳細なグループに分割されます)。ウェブサイトビルダーのハイライトの1つは、クライアントの請求ソリューションです。これにより、フリーランサーはサービスの機能セットを使用して、クライアントに一定の金額を支払うことができます。.

  • Shopify. このソフトウェアは、必要なWebストアのサイズと複雑さに基づいて4つの有料サブスクリプションを提供します。ユーザーは、Lite、Basic Shopify、Shopify、およびAdvanced Shopifyサブスクリプションから選択できます。それらのそれぞれは、特定のプロジェクトを完了するために必要な独特の機能セットを提供します。ソフトウェアには無料サブスクリプションはありませんが、興味のあるプランの機能セットを14日間無料でテストできます.

WebflowとShopify. コストの問題について言えば、どちらのシステムにもさまざまなオプションがあります。 Shopifyに比べてWebflowにはより多くの計画がありますが、両方のシステムを使用するコストは依然として平均を上回っています。ただし、両方のプラットフォームの機能セットと機能、および長期的に利用できる結果は、投資する価値があります。.

ボトムライン

最良のWeb構築プラットフォームの選択は、最初に、追求する目的と長期的に利用したい結果に依存する必要があります。これは、WebflowとShopifyの間の選択にも関係します。システムは機能的であり、提供するものはたくさんあります。唯一の決定的な違いは、システムとそのニッチな専門分野の主要な焦点についてです.

WebflowWebflow –多機能のDIY Webサイトビルダーで、あらゆるタイプのプロジェクトを起動および管理できます。 Webサイトビルダーは、その機能とツールが主にWebデザインプロのニーズ、スキル、および要件に向けられているため、習得が容易ではありません. Webflow

ShopifyShopifyは、世界的に知られているeコマースソフトウェアであり、オンラインストアの開発にのみ適しています。このプラットフォームは、プロジェクトの詳細なカスタマイズを保証し、レスポンシブなテンプレートと、eコマースの機能とツールを提供して、すべてのユーザーカテゴリに最適な選択肢にします。. Shopify

では、どのサービスが主導的立場を維持できるのでしょうか?これは、期待する結果に依存します。 Webflowはオールインワンサービスであり、あらゆるタイプのプロジェクトに最適に機能しますが、Shopifyは、eコマースWebデザインニッチの紛れもないリーダーであり続けています。.

WebflowとShopify:比較チャート

WebflowShopify
1.簡単さ8/109/10
2.機能9/1010/10
3.デザイン9/109/10
4.サポート10/1010/10
5.価格10/1010/10
全体:9.2 / 109.6 / 10
やってみよう やってみよう
Jeffrey Wilson Administrator
Sorry! The Author has not filled his profile.
follow me